2019-04-14

技術書典6に参加した

本日行われた 技術書典6 に行ってきました。
初めての会場参加です。

戦利品

戦利品は以下の通りです。

感想

一般参加者入場を11:00~13:00の場合のみ有料にすることで、運営による入場者数の調整が図られています。
初めは無料の入場期間に入ることをもくろんでいましたが、過去の入場待機列の様子に恐れをなして12:30ごろ会場入りしました。
ちょうど待機列が履けたころのようで待機列に並ぶことなく入場券を購入できました。
現地入りしてみると先行している入場者の密度が高く、人混み慣れしていない身には熱い熱気を感じました。

本は趣味分野のクラウドのサーバサイドからフロントエンドまでで、主に開発についてのものを購入しました。
戦利品リストを見返すと半分くらいは予定してなかったもので、同人誌即売会の購買意欲のそそり立て具合に感じ入っています。
目的としていた楽描帳さんの「コンテナ時代の個人Webサービスの作り方」、および「Pragmatic Terraform on AWS」だけは残念ながら紙の書籍は売り切れでしたが、それ以外は紙の書籍+DLCで入手できました。
売れ筋のものをどうしても紙で欲しいという場合には、開場時間に並ぶ必要がありそうです。

今日は目的としていたサークルさんに顔を出すことが、それ以外にも知人がブースで売り子をしていて久しぶりに話ができたのが嬉しかったので満足しました。
今回もまた積読の山をしこたま増やしたので、ガンガン読むぞーという意気込みです。

blog comments powered by Disqus