2010-11-08

Let’s Noteのバッテリー

研究室の予算でバッテリー等消耗品を買っていいよ、とのお触れが出たので今使っているLet’s Note CF-W4の劣化具合を調べてみました。

使ったのは窓の杜で紹介されていたBatteryBar(http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/12/17/batterybar.html)。
タスクバーに入り込んでバッテリー残量などを表示するもので、丁度良くバッテリー劣化の率をパーセントで表示することができるものです。
「レベルメーターはWindows Vistaのインターフェイスと完全に調和するデザインであるため、あたかもWindows標準の機能の1つであるかのように動作する」という触れ込みだったけど、タスクバーを広げてタブを沢山視認できるようにするのが好きだったのでちょっとかさばって見えます。

BatteryBar

結果がコレ。劣化具合が17.9%で、思っていたよりもバッテリーはへたってませんでしたw
電池の消費の流れを計算した感じ新品買うほどではないですね。
今までACアダプタを外して持ち歩いてる際も、最大輝度でmp3を聴きながら作業など無駄にmW数食うようなプレイングだったので、新品を購入するのを目論む前に、ACアダプタを繋がない時のPCの使い方を見直すのが先だなw

それと、スリープや電源オフの状態でもバッテリが減ってゆく、いわゆる「お漏らし」現象が型番R4,T4,W4,Y4の世代には起こるらしいです。(http://letsnote.xrea.jp/?%A5%C8%A5%E9%A5%D6%A5%EB%B4%D8%CF%A2)
それの対処方法は、ACアダプタをつないで保管する、あるいはバッテリ自体を外すことみたいなので、この二つの徹底をしていこうかな。

blog comments powered by Disqus